突発性難聴闘病記 ~完結編~

 皆さんご機嫌いかがでしょうか?

 「緊急事態宣言」が延長になり先が見えなくなってきましたが、一刻も早い事態の収束を願ってやみません。

 

 今日は題名に記した内容でお送りしたいのですが、その前にキャスターの「皆藤愛子さん」が5月14日に「突発性難聴」と診断されしばらくの間治療と療養されるそうです。

正直、お若い方がご病気になられて私も心が痛いです。治療と療養に専念されて一刻も早い回復をお祈りいたします。

 

さてようやく本題に入らせていただきます。今回は総括ということにさせていただき、言葉が足りない箇所等も補足させていただきたいと思います。

 

概要

 

昨年11月に仕事中に、「めまい」、「頭痛」、「左の耳が聞こえない」症状が急に発生する。その場はなんとか収まり帰宅するが、揺さぶられるような「吐き気」に襲われ

る。翌日に「かかりつけ医」に診察していただくが診察途中また「吐き気」、「めまい」に襲われすぐ「大きい病院」へ入院となる。診断の結果、「突発性難聴」としんだんされました。特に「高い音が聞こえない」症状です。入院期間は6日間。その後、脳に腫瘍のある可能性があり、精密検査を受けるが異常なしでした。退院後は毎日処方された薬の服用していました。

 

症状

 

発症時:めまい、頭痛、吐き気(一番辛かった)、

    耳が聞こえない(左耳)

 

入院中:耳が聞こえない、それ以外は薬の効果で

    治まりました。

 

退院後:耳が聞こえない、それ以外は症状が出て

    いません。

 

治療(概算)

 

入院費(6日間)    約7万円

*健康保険限度額適用認定のため

 

入院費雑費       約5千円

*申請書記入代含む

 

精密検査代(頭部)   約1万円

 

通院治療費       約6千円

*4回分

投薬料         約5千円

*約40日分x4回

 

 

既往症、気になった点等

・小さいころに「左の耳が中耳炎」になり暫く治療

 していました。

 

・「突発性難聴」の症状が出る以前、時々「頭痛」が

  あった。*本人は片頭痛なのでは?と考えていた。

 (因果関係は不明です)

 

 

 

結果報告

 

 昨日最終聴力検査を行ったところ、左の耳の聴力が「入院」する前と変わらなく処方された薬の効果がないとのことでした。また、薬を服用する以外の治療方法がないとのこと。他に悪い部分がない為「治療は停止します」とのことです。

*私の場合副作用で「口内炎」が出てしまいこれ以上症状に改善が診られないため継続はマイナスとのことでした。

 

 

 

最後に

 

 私のブログを読んでいただきありがとうございます。

私と同じような「突発性難聴」にかかった人や、その疑いがあり通院を悩んでいる人に「私のようにならないよう気を付けて自身の体を労わってほしい」との思いで書かせていただきました。

 この場をお借りして声を大にして申し上げたいのは、

 

「めまい」、「吐き気」、「耳が聞こえない」の3症状がでたら躊躇せず病院へ「通院」してください!!

 

 最初の時点で3割の方が症状が改善する可能性があるそうです!!(私は外れましたが……)

 

 

 現在の私の心境

 

 担当の先生に当初より言われていました「聴力回復率3割」論を聞いた時から、薄々「ダメなんじゃないかな~」と少なからず感じていました。

なので「さほどガッカリしていない」のです。聞こえないのは不便ではありますが、全く聞こえないわけではないので「まあ、しょうがないかな~」と……

暗くなって落ち込んでいても「運気が逃げていく一方なので」努めて明るく生きましょう!

 

以上で私の「突発性難聴闘病記」を閉じさせて頂きます。

みなさんくれぐれもお身体を大切に!