最近の”セダン”に物申す!

 皆さんご機嫌いかがでしょうか?

自称クルマオタクの”ピンクスナップ”です。今日はタイトルにありますように、最近のセダンに物申す!」

ということで書かせていただきたいと思います。

 

いったいいつからなのでしょう?

”セダン”タイプの自動車が少なくなってきたのは……

昔話をさせていただきますと、昭和から平成へ元号

変わるころはセダンタイプの自動車は「一番」売れていました。セダンが売れていればこそ、その当時tutu 皆さんご機嫌いかがでしょうか?

 

自称クルマオタクの”ピンクスナップ”です。今日はタイトルにありますように、最近のセダンに物申す!」

 

ということで書かせていただきたいと思います。

 

 

 

いったいいつからなのでしょう?

 

”セダン”タイプの自動車が少なくなってきたのは……

 

昔話をさせていただきますと、昭和から平成へ元号

変わるころはセダンタイプの自動車は「一番」売れていました。

セダンが売れていればこそ、その当時売れつつあった「スポーツカー」にメーカーが投資し始めたのです。

バブル経済の入り初めでしょうか……

 その時代までなぜセダンが牽引できたのか?

答えは「第二次ベビーブーム」にあるのではないかと

推測します。

1970年代前半にベビーブームが起こった世代の親御さん達がお出かけや通勤に購入していた……

現代ですと、ミニバンですね。その当時はほとんど商用の「ワンボックス」カーしかありませんでした。

セダンの対抗馬は当時「ハッチバックタイプ」のコンパクトカーでした。セダンが売れすぎて相手にならない時代でした。

ちょっと数字のお話を……1988年で国産セダンタイプの種類は約50種類、ハッチバックタイプは約23種類です。

 

 それがいまでは……

 

国産セダンは16台だけの販売です。

(2021.3.3現在)

寂しい限りです。車好きとしては……

 

 そこで私なりに「改革案」を!というかだめだしかも

 

 

 まず、”デザイン”のお話を。

 

”車のデザイン”を「外国車」に近づけるのはやめましょう。もしくは「F-1マシーンの1部分」とか……

国産メーカーさんはもっと個性があっていいと思います。

その中、最近がんばっている国産メーカーさんは「マツダ」だと思います。得意の「曲線」を使いエグい位に「セクシー」さが協調されています。

しかもどこのメーカーにも似ていないところ。

 

しかし「一番売れているメーカー」さんは、なにか、「デザインに迷いがある」ような「余計なラインが多い」ようです。もっと昔のように「のびやかに、シンプルに」で良いと思うのですが……

内装も「デジタル」を意識せず「もっとシンプルに」でいいと思います。最新技術をみせたいのはわかるのですが、

それより内装の「優雅さ、リッチさ」のほうが刺さります。目にあまり「情報量」を与えすぎると疲れますから

……

あとボディーサイズは「日本サイズ」でいいと思います。

外国車、逆輸入車にあるような「ワイドボディー」は大きすぎます。

 

また「車両重量」は軽いほうが絶対いいです。売れてる「ミニバン、ワンボックスカー」には相当なアドバンテージですから!

軽ければ「ハンドリング」、「発進加速」、「ブレーキング」、「燃費」など様々な点で良い影響があります。

何卒お願いしたいです。

 

どのメーカーさんにもお願いしたいのが「大口径サイズのタイヤ&ホイール」はもうやめましょう。サイズの大きさで「乗り心地、騒音」が犠牲になります。ほぼ外観の優越でしかないと思います。ブレーキローターを大きいのを

つけてる訳ではないでしょうから……

 

 

 最後に

 

いい時代を観てきたものとしては、”ゴテゴテ感”が強調されて観えてしまいます。もう少し「デザイナーさん」に自由にデザインしてもらってもいいのかなと思うのです。

外国車と”比べる”のでなく”比べられる”車であってほしい

そんな自動車を待ちわびています。ファイト!日本車!!